記事一覧演奏会展覧会イベントメディア紹介お知らせ



●昨年に続き、パリ日本文化会館にてソロ演奏会決定(2018年11月23日午後15:30~、17:00~)

GOSHIN MORO (2018年11月17日 17:04)

大変光栄なことに、昨年に引き続き、今年もパリ日本文化会館にて演奏会決定しました。
現在、パリ日本文化会館では「縄文-日本における美の誕生」展が開催されており、
そのプログラムの応援企画として在フランス日本大使館の後援を受けて、茂呂剛伸の縄文太鼓ソロ演奏会が決定しました。
パリ在住の皆様、是非ご来場頂ければ嬉しいです。
または知人友人がパリにいらっしゃる皆様は是非、イベント情報を周知頂ければ嬉しいです。

パリ日本文化会館 https://japonismes.org/officialprograms/「縄文」展

GOSHIN MORO LIVE
Collaboration entre le taiko Jomon  Lieu: Maison de la Culture du Japon à Paris.
日時:11月23日金曜日 午後15:30~、17:00~ 
Vendredi 23 novembre15h30 / Vendredi 23 novembre17h30 / 20 minutes 2 étapes

入場料:無料  Entrée libre
開催場所:パリ日本文化会館館内 Lieu: Maison de la Culture du Japon à Paris.
Contact: moro-t@mirai-t.com

茂呂の縄文太鼓は、世界の闇を切り裂き、民族との共和を指向する「いのちの器」である。茂呂は縄文遺跡の「土」、つまり縄文人の血と肉がいまも息づいている「土」を混ぜ捏ね合一させ、エゾ鹿の皮を張って、一体の縄文土器太鼓を誕生させた。さらにいえば、未来を切り開くことになる、新しい「芸術の形」をはっきりと開示していることを確信したい。
Le tambour Jomon de M.MORO transperce la noirceur du monde et représente "l'instrument de la vie" qui aspire à l'harmonie entre les peuples.
M.MORO mélange et unifie "la terre"des ruines Jomon ou autrement dit "la terre" où habite encore aujourd'hui le sang et la chair des gens de Jomon. Il tend du cuir de cerf ezo sur les tambours et fait naître les tambours Jomon.
Pour en dire plus, ce concert transpercera le futur et "une nouvelle forme d'art" sera assurément offerte au public.

縄文太鼓、ジャンベ:茂呂剛伸 2013年5月18日には、60年に一度行われる出雲大社「平成の大遷宮」にて奉祝奉納演奏を行った。縄文太鼓の演奏と制作を通じ、日本が誇る縄文文化の素晴らしさを発信する活動を行っている演奏家である。
Taiko Jomon, jembe: MORO GOSHIN
Le 18 Mai 2013, nous avons fait un concert au temple Izumo pour célébrer les 60 ans de sa restauration.
Au travers "du concert de taiko Jomon et de sa fabrication" nous sommes des interprètes qui effectuent des activités de diffusion de la splendeur de la culture Jomon dont sont fiers les Japonais.


パリ日本文化会館 茂呂剛伸演奏会イベントデータ(2018 11・23).pdf



●TATEANA展 Beams Japan 10/30-11/11

GOSHIN MORO (2018年10月30日 09:44)

TATEANA展
Beams Japan
〒160-0022 東京都 新宿区新宿3-32-6

https://www.facebook.com/events/173915590191139/permalink/180734869509211/

IMG_4593.JPG

IMG_4594.JPG



●ジャンベフェスティバル2018開催(11月3日)

GOSHIN MORO (2018年10月22日 11:29)

今年で第6回目のジャンベのお祭りが開催されます。
なんと、三島村からジャンベの神様ママディ ケイタ氏の弟子 みしまジャンベスクール徳田校長も今年もご参加頂きます。♩
北のジャンベと、南のジャンベの交流が続いて嬉しいです。^_^
チケットも絶好調、私もエキシビション演奏ではっちゃけます。♩
縄文太鼓の大合奏も御座いますので、こちらもご期待ください。
※チケットお取り置き予約をお受けしてます。
お問い合わせ moro-t@mirai-t.com

IMG_4423.JPG

IMG_4424.JPG



●舞台「盲目のサロルンカムイ」横浜公演が決定致しました。

GOSHIN MORO (2018年8月30日 11:46)

10月7日(日曜日)に横浜 運河 象の鼻テラスで開催致します。
北海道オリジナルの舞台が海を渡ります。

ローソンチケットの全国一般販売は8月24日金曜日からです。(Lコード 32614)
限定150席の一夜限りの横浜公演です。♪
お早目のご予約をお願い致します。

日時:10月7日 日曜日 18:30開場 19:00開演
場所:象の鼻テラス
   https://www.zounohana.com
チケット:一般     3,500円
     小中高学生  1.500円
     CD付チケット 5,000円
     CD      2,000円
     ※未就学児入場不可

「盲目のサロルンカムイ」
サロルンカムイとはアイヌ語で〈湿原の神〉という意味で、丹頂鶴をさす。
現在では丹頂鶴は日本では北海道でしか見られなくなったが、江戸時代くらいまでは関東にも生息していた。
迫りくる危機に絶望にとらわれたサロルンカムイが、盲目になることを選びながらも激しく美を求めて生きる姿を、鈴木明倫のダンスとDJEMP [ 茂呂剛伸/ジャンベ・縄文太鼓 & 福田ハジメ/ピアノ] の音楽が描き出す。
この舞台は2017年札幌国際芸術祭連携企画で札幌時計台にて7日間連続で公演された。
同じテーマをパラレルに描いた7つの日替わりの演目で、1週間を通して一つのストーリーになる構成。
好評を博し、今年春の札幌での再演を経て、今回は7つのストーリーのうちのひとつである「画家の青年の真夜中」が横浜にやってくる。
鈴木明倫 ダンス
劇場型DANCE STUDIO LoRe 代表。10歳より踊り始め、オールジャパン学生ダンス選手権全国大会コンセプト賞受賞やKING DANCE CONTEST FINAL準優勝など数々の大会で受賞を重ねる。龍谷学園高等学校ダンス授業特別講師。
主な経歴として、テレビ朝日MステにSuperflyのバックダンサーとして出演、劇団千年王國「狼王ロボ」にロボ役として出演(TGR大賞、TGRオーディションス賞、神谷演劇大賞 受賞作品)、歌舞伎俳優•市川猿之助主演「八岐大蛇」出演、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」東京•大阪公演出演(2011&2013)、香取慎吾主演「オーシャンズ11」出演、東宝ミュージカル「エリザベート」にトートダンサーとして全225公演出演(2015~2016)・韓国ソウルの「NEW DANCE FOR ASIA」&韓国コヤンの「GOYANG INTERNATIONAL DANCE FESTIVAL」に招聘され、作品「pitch」を発表、香港の国際ダンスフェス「Asia male contemporary dance show case episode7」に招聘され作品「KAMUIRU」を発表、等。

DJEMP(ジャンピ) 音楽
茂呂剛伸/ジャンベ・縄文太鼓
福田ハジメ/ピアノ
ジャポニズムとアフリカンを融合した独自の演奏スタイルを持つ太鼓演奏家・茂呂剛伸と、世界を旅しながら現地との交流や記憶を構成主義的に作曲するピアノパフォーマー・福田ハジメの音楽デュオ。
2012年札幌コンサートホールKitaraにてデビュー公演と同時にCDリリースし、ドイツ、フランスでも発売される。全4枚のアルバム作品を制作。
2014年9月札幌国際芸術祭の連携企画で時計台にてバレエ、コンテンポラリーダンス、映像による空間演出と音楽を融合させた舞台「思考の響界」を制作。
2015年11月北海道立旭川美術館にて《道産子追憶之巻》へのオマージュ演奏を行う。
2016年8月新宿文化センターにてコンテンポラリーダンス作品「十戒」の作曲と演奏を行う。
2017年7月フランス パリ日本文化会館にて縄文太鼓展示会と演奏会を開催する。

縄文太鼓演奏 澤口勝、石田しろ、佐藤夕香、川村、怜子、井尻逸大、高野麻美
絵・文・デザイン 橘 春香
照明 秋野 良太
衣装 松下 奈未

!cid_A27C502F-CB76-4585-9BE6-81B65F0FC67E.jpg!cid_E7B04F7C-05E9-4F6B-938C-B2C7A5F55C03.jpg3.jpg" width="640" height="906" class="mt-image-none" style="" />




●やついフェスin渋谷 6月17日オープニング演奏

GOSHIN MORO (2018年6月12日 14:31)

♪いよいよ、今週末に渋谷で開催するやついフェス2018。
今年で7年目を迎える話題沸騰の都市型フェス。
6月17日(日)午後13時メインステージオープニング演奏をさせて頂きます。♪
是非、東京近郊にお方々、応援に来てください。♪
フェス用の新曲で会場をガッツリ盛り上げたいと思います。

ジャンベ太鼓 縄文太鼓 茂呂剛伸
アーティスト紹介 http://yatsui-fes.com/artist/2108/
タイムテーブルhttp://yatsui-fes.com/wp-content/themes/yatusi2018/assets/pdf/timetable-180617.pdf



●祝 北海道150周年 札幌時計台140周年のダブルの記念公演として、時計台舞台サロルンカムイの再演決定 4/17,4/18

GOSHIN MORO (2018年3月28日 14:40)

2017札幌国際芸術祭の連携事業として上演された「盲目のサロルンカムイ」が再び札幌時計台にて再演致します。
今回は初演で特に人気の高かった「恋をうしなった乙女の宵」と「画家の青年の真夜中」の二作品がピックアップされました。
初演を観た方もまだ観ていない方も是非、ご覧ください。

チケットはメール予約又は、エヌチケ・ローソンチケットでもお求め出来ます。
今回は4/17火曜日と4/18水曜日の内容が異なる為に、両日ご予約頂く方が多数おります。

4月17日火曜日「恋をうしなった乙女の宵」 チケット残り席数 △  残り僅かです。
4月18日水曜日「画家の青年の真夜中」   チケット残り席数 ×  完売です。

メールチケットお取り置き moro-t@mirai-t.com
ローソンチケットLコード 12238

!cid_B6F32B7A-C206-4ACE-AB54-5575408D74B5@wifi-cloud.jpg


!cid_0E577C0C-AB25-410F-A409-A76869500396@wifi-cloud.jpg



●2017時計台ジルべスターコンサート開催

GOSHIN MORO (2017年12月29日 20:18)

今年で3年目を迎える時計台ジルべスターコンサート♪
2018年の新年を迎える歓びをご一緒に音楽とダンスで楽しみましょう♪
全公演入場無料です。
お待ちしております。
IMG_0118.JPG

IMG_0344.JPG

IMG_0368.JPG



●12月9日♪コンテンポラリージャンベフェスティバル開催 IN札幌市教育文化会館

GOSHIN MORO (2017年11月18日 16:40)

12月9日札幌市教育文化会館にて、第5回コンテンポラリージャンベフェスティバル開催です。
なんと今回は、鹿児島三島村のみしまジャンベスクール徳田校長にご参加頂けることになりました。♩
徳田さんは、ジャンベの神さまママディ・ケイタに師事し、認められたすっごい方です。
伝統的な演奏スタイルはアフリカ人より、アフリカ人❗️
北海道のコンテンポラリーなジャンベ文化✖️みしまのトラディショナルなジャンベ文化の交流が始まります。♩

23172690_1099345230201441_7942205329846478281_n.jpg

23244073_1099345226868108_7207236539318976659_n.jpg



●9月25日~10月1日開催 時計台舞台一週間公演 「盲目のサロルンカムイ」札幌国際芸術祭2017連携事業

GOSHIN MORO (2017年9月 7日 07:02)


札幌国際芸術祭2017の最終週に国の重要文化財であり、札幌のシンボルである札幌時計台にて一週間毎日公演をやります。
札幌時計台舞台「盲目のサロルンカムイ」英語タイトルBlind Grus japonensis、
丹頂はアイヌ語でサロルンカムイ葦原の神という意味であり、北海道の道鳥でもある。

この札幌時計台舞台プロジェクトは札幌国際芸術祭2014でも、特別連携企画として「札幌時計台舞台・思考の響界」で700名以上動員実績を持ちます。
国内外で活躍している芸術家達が、札幌の象徴である時計台で繰り広げる、縄文太鼓、ピアノ、踊りを融合させた芸術的な舞台です。

現在札幌では、アジアを中心とした観光客向けの夜のエンターテイメントの課題を抱えており、この舞台は札幌市中心部での常設舞台化も視野に入れております。

北海道の野生動物をモチーフに、自然界と人間界の目では見えない物語を、アート表現する北海道オリジナルの舞台です。

札幌国際芸術祭2017連携事業
「盲目のサロルンカムイ」

会期 札幌国際芸術祭2017の会期中最後の7日間
9月25日月曜日~10月1日日曜日 札幌時計台ホールにて公演

S席 全公演通し券(CD付) 15,000円(△ 残り僅か)
S席 一公演券(CD付)    5,000円(△ 残り僅か)
A席(一般)          3,500円(〇平日、△週末)
A席(高校生以上)       2,500円(〇平日、△週末)
A席(中学生以下)       1,500円(〇平日、△週末)

チケットは下記連絡頂けたらご用意させて頂きます!

メール予約 moro-t@mirai-t.com

チケット販売窓口 未来通商㈱・㈱オフィスモロ
住所 札幌市中央区南4条西1丁目15番2 栗林ビル7階(平日午前9:00~午後15:00)
電話番号011-200-2112 


原案・プロデュース DJEMP 福田ハジメ・茂呂剛伸
作曲・音楽 DJEMP 福田ハジメ・茂呂剛伸

主演 鈴木明倫、DJEMP 福田ハジメ・茂呂剛伸
絵・文・美術 橘春香
出演 澤口勝、石田しろ、佐藤夕香、川村怜子、山本祥人、一宮直、
井尻逸大、石橋俊一、高野麻美
照明 秋野良太
衣装 松下奈未

札幌市時計台舞台「盲目のサロルンカムイ」実行委員会
顧問  北洋銀行会長 横内 龍三
実行委員長 エムエムエスマンションマネージメントサービス㈱代表取締役社長 堂守 貴志
事務局長 株式会社オフィモロ 代表 茂呂 剛伸

主催 札幌市時計台指定管理者エムエムエス マンションマネージメントサービス(株)
共催 株式会社オフィス・モロ
企画構成・運営 株式会社オフィスモロ
後援企業 ㈱北洋銀行、㈱北海道新聞社、北海道テレビ㈱、北海道マツダ販売㈱、未来通商㈱
協力 北の縄文道民会議、北海道シマフクロウの会
特別協力 ㈱プリズム

!cid_5FBDE5A7-F0C4-4458-A6EA-DB3AE1149E11.jpg

!cid_749F0863-7578-46C4-AA76-146C274549B3.jpg



●パリ日本文化会館展示会及び演奏会のお知らせ。(2017年7月6日縄文太鼓演奏会開催)

GOSHIN MORO (2017年6月16日 16:34)

7月6日パリ日本文化会館での縄文太鼓演奏会が御座います。
同時開催で、6月27日~7月8日まで国宝中空土偶「愛称 カックウ」と縄文太鼓の展示会を観覧無料で行っております。
沢山の方にご来場頂きたいので、ご縁がある友人知人にも広めて頂ければ嬉しいです。

演奏会のチケットは、有料予約制です。
予約があれば、お名前とチケット枚数を下記のメールアドレスにご連絡ください。!

縄文太鼓 茂呂剛伸
CONTACT: moro-t@mirai-t.com

Image-1.jpg

 

 

 

知る
・縄文太鼓について
見る
CD
定期演奏会
個展
動画
DVD
学ぶ
・レッスン
・スタジオ(準備中)
トピックス
プロフィール
プロフィール
これまでの活動
メディア紹介
お問い合わせ
         
Copyright(C) GOSHIN MORO 2012-2014
Designed by Yuuki URYU (19761012)